広場といった屋外の気温誤差による衣装の恐怖

我々がいる自宅は意外と気持ち良い景況だ。春になっても、職業から帰宅すると寒いなーというほどだ。
住み始めた当初は、我々が冷え性だからだと思っていたのですが、発進しに扉を出たら暖かかったりするのでルーム自体が寒いのだと気付きました。
こういうルームと屋外の気温隔たりで困ったのは、厚着をし過ぎて抱腹絶倒視線で見られたことです。
ルーム太陽いる時は少々涼しかったので、僅か厚手のタイツを履き発進をしました。
外側はすがすがしいほどの青空。ちょっぴり暖かかっただ。
この時点でルームに戻ってタイツを履き替えればよかったのですが、予定のタイムに間に合わなくなってしまうので強行達成でそのまま発進しました。
そうして、地下鉄に乗って自責。
地下鉄に乗っている自分には誰も私のような厚手のタイツを履いていないのです。
再び、人によっては素足だったりも行う。
「あ、やっちゃったなぁ」と思いました。
地下鉄を降りて改札に見つかるまでの時分、いろんな人ってすれ違いましたが高確率で私の厚手のタイツを見られていました。
こういう温度でこういうタイツはおかしいですよね。分かってます。自覚してます。
その後、外出する前にはひと度窓を開けて外の温度を調べるようにしています。
シーズンに似合うコーディネートが狙うですね。ライン掲示板はコチラ